スキンタッグはどんなイボ?大きさや症状は?人にうつる?

首のイボ、つまりスキンタッグ(アクロコルドン)

 

自分の首にあるイボのこと、どこまで知っていますか?

 

知らない間にできているポツポツ。

 

気がつけば、何だか数も増えている。

 

何もしないでほったらかしている人も多いでしょう。

 

そもそも、スキンタッグはどのようなイボのことを言うのでしょうか?

 

あなたの首のイボは、本当にスキンタッグですか?

 

 

スキンタッグのイボはどんなもの?

スキンタッグとは、いわゆる「老人性イボ」のことです。

 

  • 老人性疣贅(ゆうぜい)
  • アクロコルドン

とも言われます。

 

できる場所

比較的、皮膚の柔らかい場所にできます。

 

首、デコルテ、顔、脇、鼠蹊部(内もも)など。
出来る場所は、さまざまです。

 

できる年齢

40代を越えるとイボに悩む人は増える傾向にあります。

 

しかし、早い人では20代からもイボができます。
これは、若い頃に紫外線を浴びてきたり、遺伝による影響が考えられます。

 

30代から、イボでき始め、80代にもなるとほとんどの人でイボができています。

 

イボの数も年齢があがるにつれ、増えていきます。

 

症状

イボ自体に、痛み、痒みなどの症状はありません。

 

もし、痛みや痒みがある場合は、衣服などがイボに引っかかり刺激を受けているためかもしれません。

 

もしくは、全く別の病気の可能性もあります。

 

イボに対して、何かしらの症状を感じたら、病院へ受診しましょう。

 

大きさ

0.5mm〜3mm

 

小さいポツポツしたものが多いです。

 

人にうつるのか?

スキンタッグはウィルス性のイボではありません。

 

良性の腫瘍が、首イボです。
腫瘍と聞くと驚かれるかもしれませんが、イボは古い角質の固まりです。

 

ですので、放置しておいても問題はありません。

 

イボが、人に移ったりすることもありません。

 

また、他の部位にうつることもありません。

 

首のイボが、どんどん増えるのは移っているからではなく、新しくイボができているだけです。

 

治療方法

皮膚科での治療では、液体窒素・レーザー治療によるイボの除去ができます。

 

内服薬としては、ハトムギから抽出されてヨクイニンを用います。
ただし、ヨクイニンは直接的にイボを取るものではありません。

 

肌の働きをよくすることで、イボの除去を目指します。
ですから、効果が出るまでには時間もかかり、全く効果が出ないときもあります。

 

 

自宅でできる治療方法としては、ヨクイニンのサプリメントの摂取。
食事内容や、生活環境の改善。

 

さらには、化粧品によるスキンケアがあります。

 

特に最近は、イボケアもできる化粧品が人気となっています。

 

痛みも面倒なこともないというのが人気の理由ですね。

 

 

 

以上が、首のイボ、つまりスキンタッグの特徴になります。

 

あなたのイボは本当にスキンタッグでしたか?

 

素人である私たちが、イボの種類を完璧に判断することは難しいです。

 

イボにもいろいろな種類があります。

 

コワイのは、ただのイボだと思っていたら、実は皮膚がんだった。

 

ということもあるんです。

 

もしくは、ウィルス性のイボだった。

 

ですので、心配な人は、一度皮膚科へ行ってくださいね。

 

自分のイボが老人性のイボなのかを判断してもらいましょう。