イボコロリを首のイボにしようしたら危険??

最近では、イボを取るクリームなどが、ドラッグストアなどの薬局でも売られています。

 

「自宅で、首のイボを取りたい。」
という人は、市販されているイボ取りクリームを試すのもいいですね。

 

有名なものでは、「イボコロリ」があります。

 

名前のインパクトもあるので、知っている人も多いですね。

 

 

「イボコロリでも、首のイボが取れるの?」
と思って、使ってみようと思う人は多いです。

 

でも、イボコロリを首のイボ、つまりスキンタッグに使用するのは危険なんです。

 

 

イボコロリは、首にイボには使ってはダメ!

イボコロリは、確かにイボを取ってくれます。

 

しかし、首のイボは話が別です。

 

イボには種類があるのを知っていますか?

 

「イボ」とひとまとめにされがちですが、原因が違ったり出来る場所も違います。

 

原因が違えば、治療方法も異なります。

 

あなたが悩んでいる首のイボは、おそらくスキンタッグでしょう。

 

スキンタッグは、加齢が原因でできるイボです。
ウィルス性ではないので、他に移る心配のないイボです。

 

年齢を重ねると、誰もができるイボなんですよ。

 

イボコロリはは、サリチル酸を使用しています。
サリチル酸の働きにより、イボを角質軟化溶解作用を引き起こします。

 

その結果、イボを除去するというものです。

 

主に足の裏など、皮膚の硬い部分に使用します。

 

スキンタッグは、足の裏にできるのはまれです。
主に、首、顔、デコルテ、脇など皮膚の柔らかい場所にできます。

 

 

説明を聞くと「イボが取れる!」と思ってしまいます。

 

ですが、首のイボには使用できません。

 

これは、イボコロリの説明書にもキチンと明記されています。

 

 

老人性イボ。つまりはスキンタッグのことであり、首のイボのことです。

 

さらには、首などの皮膚にも使用できないと書かれています。

 

首の皮膚は、他の皮膚に比べて薄くなっています。

 

敏感ば皮膚ですから、サリチル酸のような成分では皮膚が炎症を起こす可能性もあります。

 

イボを取りたいのに、炎症を起こしてはキレイにはなれません。

 

 

ですから、イボコロリを首のイボに使用するのはやめましょう。

 

このように、イボ取りクリームでも首のイボに使えないものがあります。

 

イボ取りクリームの名前だけで判断してはいけません。

 

説明症をよく見て、首のイボにも使えるのかを判断してください。

 

首のイボ、つまりスキンタッグは皮膚が敏感なところにできます。

 

イボ取りクリームのように成分が強いものには注意が必要です。

 

首のイボケアには、イボ取りクリームよりもスキンケアでの対策がいいかもしれません。

 

最近では、イボのケアを同時に行えるものも多く市販されています。

 

スキンケアですから、首や顔にも使えます。

 

首の皮膚は、あなたが思っているよりも敏感です。

 

「少しくらいなら使っても平気かな。」
と思って、使用してはいけません。

 

イボだけでなく、周りの皮膚組織にも影響を及ぼすかもしれません。

 

本当に、首のイボをキレイしたいのなら、それ専用のケア用品を選ぶようにしてくださいね。