首イボに効く薬はあるの?できれば薬で治したい

顔や首にできやすい老人性疣贅(ゆうぜい)の首イボに悩まされている人は多いですよね。

 

老人性イボの首イボに効く薬はあるのでしょうか?

 

薬があれば、簡単に首イボを治せていいですよね。

 

 

老人性イボをなくすには、病院での治療や内服薬での治療、スキンケアなどの方法があります。

 

ですが、病院での治療はあくまで対処療法になるので、繰り返し起こりやすい老人性ゆうぜいに対しては非効率ですよね。

 

 

しかも、病院に行くとなると時間や費用も気になってきます。

 

 

ですから、老人性イボを無くすための治療としては、
「できれば、市販で買える薬やスキンケアのほうが良い!」
という人がほとんどだと思います。

 

 

では、まずは老人性イボに効く市販薬はどのようなものがあるのでしょうか?

 

一番有名なイボへの薬は、やっぱりコレ!

「イボ」に対する市販薬として有名なのが、「イボコロリ」ですよね。

 

 

しかし、実は「イボコロリ」の液体タイプや絆創膏タイプなど、
外用薬の「イボコロリ」は老人性イボには使用不可なんです。

 

 

なぜなら、外用薬の「イボコロリ」はウイルス性のイボ向けの薬なので、
皮膚を溶かす強力な成分が含まれていて老人性イボに使用するのは非常に危険なのです。

 

 

メーカーの使用上の注意にも老人性イボには使用できないことがしっかりと明記されています。

 

 

ですが、同じ「イボコロリ」シリーズでも「イボコロリ内服薬」という内服タイプの薬なら、老人性イボに使用可能です。

 

 

こちらは、主な成分が漢方でもよく知られている「ヨクイニン」というもので、
体の内側から巡りをよくして体内環境を整えることで、肌のターンオーバーなども促せると考えられています。

 

 

どちらかというと、老人性イボに直接的に働きかけるというよりは、間接的に働きかけるものなんですよね。

 

 

実は「イボコロリ内服薬」以外にも、この「ヨクイニン」を含む市販薬は多く販売されているので、
案外簡単に見つけることが出来ると思いますよ。

 

 

ただし、先ほどもお伝えしましたが、「ヨクイニン」の内服による老人性イボへの効果は間接的なものです。

 

 

したがって、内服の場合、効果が出るまでかなり時間がかかるという難点があります。

 

 

そうなると、直接的に働きかけるものはないのか?気になりますよね。

 

 

色々調べましたが、直接的に働きかける市販薬はほとんどないようです。

 

 

ですが、老人性イボに特化したスキンケア商品なら、直接的なケアが出来るものがあるようです。

 

 

たとえば、老人性イボに特化していて、今一番人気があるのが「艶つや習慣」です。

 

 

あんずエキスやハトムギエキス(ヨクイニン)などのイボとり効果のある成分が充分に配合されている上、美肌成分や保湿成分も贅沢に配合されていて、直接的に肌をきれいな状態に導いてくれます。

 

 

イボコロリの外用薬とは違って肌に負担をかけずに安心して塗れるので、老人性疣贅のイボに最適です。

 

 

もちろん、「ヨクイニン」の内服薬を補助的に併用しても問題ないんですよ。

 

 

首イボを市販薬やスキンケア商品でケアしたいとお考えの人あなた、
薬での老人性ゆうぜいの治療は何かと決定打にかけるかもしれません・・・。

 

 

どうせなら、老人性イボに特化したスキンケア商品を探して、
肌への直接的な働きかけを試してみてはいかがでしょうか?